• 期間工求人の必要性について

    製造業の現場においては期間工と呼ばれる種類の従業員が存在しています。
    その人数や割合などは会社によって違いますが、様々な理由によって需要があるため、定期的に求人される仕組みになっています。


    まず一つ考えることが出来るのが年間を通じて安定した需要が存在しているわけではないものを製造する場合です。
    その様な製造業では繁忙期に限定した労働力を確保する目的で期間工の求人を行う場合があります。特定の時期や季節など、忙しい時期だけサポートをお願いするという企業側の事情に立った求人の形であると言えるでしょう。

    一方、需要が比較的安定している業種においても期間工の採用を一定割合継続しているケースがあります。
    これは大きな人数を抱える工場などによくみられる仕組みです。


    大規模な製造の現場において需要の減退が生じた場合、減産体制に移行する必要があります。

    その様な場合には労働力を削減しなければなりませんが、正規雇用の職員を減らすことは現実的ではありません。



    そのため常に有期雇用の職員を一定割合雇用することにより、労働力の調整を可能にするのが期間工求人の目的とされる場合があるのです。



    増産時には期間工職員を増員することで乗り切り、減産時には雇用継続や追加雇用を抑制することで必要な労働力に合わせて調整することが出来るようにする仕組みとして期間の定めのある求人は重要な役割を担っているのです。



    企業側が若干割高な条件を作ってでも募集を行う背景にはこの様な事情があるのです。